fc2ブログ

さすらいの太陽

皆さん、こんばんは~。

ひさびさのアニメネタです。

つい先日何気に深夜番組「有吉&マツコの怒り新党」を初めて見てみたら(一度見てみたかったケド)、

「アニメ界初の芸能界を舞台にしたアニメ」として、この”さすらいの太陽”が紹介されてました。



いや~、びっくり。てか、超懐かしいー。

りっちぃ、幼少の頃(幾つだったっけ?)このアニメ観てて(多分)歌覚えてたんだよねー。

「♪誰かに~~れた~(メロはしっかり覚えてたけど歌詞はかなり覚えてない…)」って主題歌の出だしとか。歌のサビとか。何か強烈に印象に残ってて。


忘れられなかったんだよねー。ストーリーは全然覚えてなかったんだけど。(まだ小さかったので)

それから、手袋持ってたんだよねー。スーパーでおねだりして母に買ってもらって。

とってもお気に入りでした。


と、いうりっちぃの思い出話はここいらで終わりにして、

この番組では、3話だけそれもちらっと紹介されてたんだけど、こんな内容だったんだ!!

っていう新鮮な驚き&衝撃で、画面に食い入る(ワンセグで見てたので小さかった)ように観てました。

もう内容が昔の大映ドラマを彷彿。主人公が健気で明るく逞しい。


そしてライバル香田 美紀(財閥令嬢)の主人公に対するいじめがまたひどい。

マツコもすごい怒ってました。有吉も(?)

途中であきらめて寝不足になるので寝ようかとWCに行ったんだけど、誘惑に負けてやっぱまた見てしまいました。

いや、ずっと続けてみとけばよかった。ちょい、てかだいぶ後悔。。

3話は、「海女の特訓」と「涙のワンピース」(←みてないけどネットで調べた)、「知らされた秘密」でした。

主人公、峰 のぞみが歌う「心の歌」も記憶の奥底に眠ってたのが掘り起こせたし、いやー、良かった。

しかし、歌手になるため肺活量を鍛えるために「海女になれ!!」ってそんな作曲家いないって。

まぁ、昭和40年代のアニメなので何気に描き方が行き過ぎててすごいものがありますが。

見れば見るほどぐいぐい引き込まれるアニメだと思います。


ぶっちゃけ、DVD欲しくなってきたー。マツコも「私、DVD欲しいわ。」って言ってたし。

~この放送とネットでわかったこと諸々~
あのガンダムの富野さんも脚本を手がけてた。
他には雪室 俊一さんとか(サザエさんの脚本で有名)
虫プロの作品(当時虫プロは”あしたのジョー”(こっちも大好き)を手がけてたので、残りのスタッフで制作していた)だった。
デザイン補は安彦 良和さん(ガンダムのキャラデザインで名を馳せた)
漫画原作はなんとあの藤川 桂介さん。


~「さすらいの太陽」関連記事~

宇多田ヒカルの母と『さすらいの太陽』~十五、十六、十七と私の人生暗かった~
 このサイトでは、「盗まれたメロデー」の回が見れるし、主題歌も聴けます。

さすらいの太陽 おぼえがき
 このサイトでは、全26話のストーリーを読むことができます。

では、また~
スポンサーサイト



SEBASTIAN BACH / KICKING & SCREAMING

sebastian back / kicking & screaming

皆さん、こんにちは~。

へび年ももう3日過ぎてしまいましたねー。いかがお過ごしですか?

窓の外では午前中雪がちらちらしていました。今は青空が顔出したかな。

ロック界の「暴れん坊将軍」こと、ご存知セバスチャン・バックのソロ2作目。
おどろおどろしいアートワークから、すんごい力技で攻めまくりのアルバムで元気な時じゃないと聴けないんじゃないかと思ってましたが、

ごめんなさい!!!

思い切って聴いてみると、いや~コレがいいんですよ。さすが、バズ!お見事!!

なんかふざけてるみたいなコメントですが、マジです。

一曲、一曲についてプチレビュってみました。

続きを読む»

Andre Andersen / Changing Skin

andre andersen / changing skin

皆さん、今晩は~。

今日もへびメタじゃなかった、へびネタです。

Changing Skinというタイトルの、あのRoyal Huntの創設者であり絶対的リーダーのAndre Andersen氏の初ソロアルバム。

と、いいながらAndre氏の色というよりは、ROYAL HUNT的な曲展開がファン心理をくすぐる一枚です。
インストだけじゃなくて、歌もちゃんとありますよ。元NARITAケニー・リュプケが歌ってます。

実際、ROYAL HUNTの曲の総ては彼の手によるもので、ROYAL HUNT以外に彼が表現したいものがあるのか?はギモンですが。。

なんでも短期間で作られたアルバムだそうですが、曲もよく練られていてそんなことは微塵も感じさせませんね。

Andre Andersen氏の仕事ぶりには脱帽です。(なにを今さらですが)

このソロとDCのソロが同時期の発売でしたが、実はDCのソロは聴けてないんですよね。。

片手落ちじゃん、と自分でも反省。

昨年も素晴らしいライブを見せてくれたROYAL HUNT、DC復活してから第2弾のアルバム発売が待たれますね。
(って、レコード会社のまわしものか、私は。)

では、また~

Rodorigo y Gabriela / 激情ギターラ!

勇気のあるヒトはクリックしてみて
皆さん、あけましておめでとうゴザイマス。

と、いってももう夕方。1年で最初の1日はもう暮れようとしてます。

早いなー。


さて、今年はへび年だってことで、へび年に相応しい1枚を聴こう!と思い立ち、
この1枚に!

久しぶりに聴くけど、いつ聴いても新鮮!

1度だけ、生演奏(ライブ)を観に行ったことがあるけど、あの脅威のテクニックには度肝を抜かれました~。

ガブちゃん(馴れ馴れしい?)の右手がギターのどの弦をさわっているのか肉眼では全く見えませんでした。。

ギター2本だけとは思えない、大迫力の演奏に感動したことが懐かしいです。

あっ、今手を止めて聴き入ってしまいました。

と、ここでライブ行ったときのメモを探したんだけど、大した記述が無くてがっくし。。

そんなにライブに夢中だったんですね。確か私の横で写メ取りまくってた外国人女性に「ムキーッ!!」てなってたことはよく覚えてるんですが。。

今、6曲目"天国への階段"演奏中です。いや~、この音を皆さまに届けられないのが残念です。

素晴らしいです!!

今、7曲目の"オライオン"演奏中です。元曲忘れそうです(笑)

哀愁漂ういい感じに仕上がってます。オリジナルはMETALLICAの曲ですが、改めて名曲だなぁって思いますね。

ラストのクライマックスパートに入りました。ここはかなり鬼気迫る感じの演奏になってくるんですよねー。

そういう雰囲気は踏襲されているようで。

一瞬の沈黙の後、再び軽快なリズムの"JUAN LOCO(フワン・ロコ)"へ。まるで目の前で演奏されてるかのような生々しいギター音に圧倒されっぱなし。

そして、あっという間にラストソング、ぢゃなかった、ラストトラック"PPA"。

なんでも音楽業界の”特定の域に生息する、私たちが我慢することを余儀なくさせたやつらに捧げた曲”って当人達の解説に載ってるけど、「不満や怒り」をこんなに素敵な音楽に昇華させてしまう彼らはすごいなぁと思いますね。

なんかどんどん語ってるなぁ、私。ここでもう1曲、ボートラが!タイトルはずばり、"セニョリータ"だって。

なんかおてんばなお嬢さんって感じ。

うきうきしてくるような楽しい1曲です。

※アルバムアートワーク、実は「へび」じゃなくて、「わに」でした。。
 同じ爬虫類ってことで、まぁいいでしょ?
 他に思い浮かんだアルバムはMETALLICAのブラックアルバム。
 でも正月からいきなり真っ黒ってのもねぇ。

では、また~
プロフィール

りっちぃ

  • Author:りっちぃ
  • HR/HM音楽サイト「りっちぃの音楽ざんまい」(ライブレポがメイン)を、亀のろペース(笑)で運営中♪

    ブログランキングに参加してます。
    クリックしていただけたらとっても嬉しいです♥


記事名を入れて探してね
カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
このBLOGを英語で読む
English English得袋.com
どんな内容?カテゴリー
何書いたかな?最近の記事
コメント待ってま~す♪
トラバ待ってま~す♪
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

慟哭の館
QRコード
QR
月別アーカイブ
RSSフィード
お気に入り~☆リンク☆