fc2ブログ

TNT / TELL NO TALES

皆さん、こんにちは~

ようやく雪も溶け、太陽がはじけんばかりに輝いています。
でも、家でひきこもりっちぃです(笑)

ロニーのポーズが秀逸♪

TNTの来日が決定して、久し振りに聴いてみたこの一枚。
えっ?こんな遅い曲だったっけ?と1曲目「エヴリワンズ・ア・スター」。
しかし、トミー・ハーネルの高音、尋常じゃないわ。凄すぎる…。
今はもうこんな声でないだろうなぁ、もちろん。ロニーのギターの音色も懐かしい~。

思えば、当時夢中になって聴いてました。
その証拠に「りっちーのオススメ盤」なんて手書きのイタイ紙が入ってますもん(笑)

アルバムの帯タタキがまたふるってる。
「大胆不敵なファンタジー・ロック!
白夜の国、ノルウェーから現れた4人組TNT。」
だって。

"ファンタジー・ロック"って表現。初めて聴きました。そうか!その手もあったか、なんて。

今、3曲目「見渡す限り」聴いてます。ハイ・トーンの歌声が心地よい響きですね。
で、4曲目インストゥルメンタルの小品「サファイア」流れてます。こっから次の5曲目「チャイルド遊戯」にさらっと入っていくんですよねー。しかし、邦題「チャイルド遊戯」って、、、。この曲でのトニーの歌声が情感たっぷりで、素敵。バックの音楽もゆったりとしていて心地よい感じ。この次の6曲目「スムース・シンコペイション」がアウトロみたいになってるのがまたいいです。
続く7曲目「リッスン・トゥ・ユア・ハート」。明るく溌剌としたハード・ポップで、当時よくコーラスパートをCDと一緒に歌ってましたね~。ここでガラッと曲調が重くなって、8曲目「あきらめた夜」に突入。曲中のピストルの射撃音みたいなのが時代を感じさせますね。あっ、またピストル聴こえてきました。この曲のラストのトニーの絶唱が聴きモノ。9曲目「ノーザン・ライツ」。控えめなイントロダクションから、トニーのアカペラチックな歌にうっとり。していると、バックがエレクトリック調になり、トニーのハイ・トーンの歌声が鳴り響いてきます。ギターソロも曲をドラマチックに引き立ててます。
10曲目「幻影」がなんかアニメのヒーローもののタイトルバックみたいな曲で面白い。待ってました!11曲目「テル・ノー・テイルズ」。トニー・ハーネルの高音が鼓膜をびりびり刺激しますねー。ギターソロもヘヴィメタルチックでグッド。
トニーのパワフルハイトーン・ヴォイスに聴き惚れていると、あっ!という間に曲は終わり。

アルバムは30分35秒ととってもコンパクト。
タイムレスなアルバムじゃないけど、80's北欧メタルの空気をたっぷり吸い込んだ良盤だと思います。

と、ここで気が付いたけど、2曲目「10,000ラヴァーズ」のことに触れてなかったですね。
サビの"♪テンサウザントラヴァー~"がとってもキャッチーで、トニーの透き通るような歌声が響き渡ります。

トニーももうこのアルバムでのキーは無理だろうけど、ライブで一曲くらいは披露してくれるかな。

では、また~
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

りっちぃ

  • Author:りっちぃ
  • HR/HM音楽サイト「りっちぃの音楽ざんまい」(ライブレポメイン)を、ダイオウグソクムシペース(笑)で運営中

    ブログランキングに参加してます。
    クリックしていただけたらとっても嬉しいです♥


記事名を入れて探してね
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
このBLOGを英語で読む
English English得袋.com
どんな内容?カテゴリー
何書いたかな?最近の記事
コメント待ってま~す♪
トラバ待ってま~す♪
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

慟哭の館
QRコード
QR
月別アーカイブ
RSSフィード
お気に入り~☆リンク☆