fc2ブログ

笑う洋楽展第20回 「落ち着きのないメガネ男」の感想

皆さん、こんにちは~
今日は結構いい天気です~。
だのに家でひきこもりっちぃです

笑う洋楽展、立て続けに行きます!

冒頭みうら氏(以下:M)「笑う洋楽展でおま。」
安齋氏(以下:A)「もう完全に仁鶴さんになってる。」
M「今は鶴光さん。」

今週のお題発表:落ち着きのないメガネ男

M「ちょっと長引きそう。」 先週もんなこと言ってたよ

1本目、エルトン・ジョン 「アイム・スティル・スタンディング」。

M「メガネ野郎が初めてスターになれると思った。」
M「80年代になったらメガネ止めてる。」
その後、またメガネを復活させ、メガネの為の部屋まで楽屋に用意させたらしい…

ビデオスタート
出た~エルトンって感じ

M「かけてる、かけてる。」 もちろん、メガネのこと
M「土曜の夜はなんとか…。」
M「このヒト度が厚いのにでかいレンズにしてるのがえらいと思った。」 分厚くなるからねー、いわゆる瓶底メガネ
M「レンズが薄くなってるね。」
A「軽いし薄くなってる。」
M「エルトンが時代に乗ったときに(俺が)ついていけなくなっちゃった。」
A「一番やっかいなのはディスコですよ。」 うん、そう思うわ
M「一回ユア・ソングドナルドダックの被り物で弾いてた。」 やりそう…
M「この人は天才だよ。」
A「とりあえずステージングのこと考えてるから口パクだよ。」
A「スタジアムでカラオケやったらおこられるよね。」

M「エルトン・ジョン最新写真。2014年7月フランスのリゾート地サントロペ。」

A「変わってないわ。」 そ、そう?
M「この人もうブラジャーした方がいいよね。」 うん、胸ある
M「チームエルトンだわ、これ。」 ※男の人を沢山連れているから、エルトンはゲイです。

2本目、エルヴィス・コステロ 「レイディオ、レイディオ」。

M「メガネといえば仲本工事エルビス。」
M「レディオ界の人間が人々の感情を麻痺させている。」 ※歌詞の意味
M「78年初来日。トラックの上で演奏。つかまって話題になろう、と思ったが、つかまったのは運転手だけ。」

ビデオスタート
若き日のエルビス、なんか軽いね

M「演劇とか入ってるね。」 A「パンクもあるじゃない。」
M「おっきいこのメガネ。」 M「この人そんな度出してないから近眼じゃないね。」
A「一時期メガネをかけるのが流行ってた。」
M「この人0.6ぐらいじゃないかな。」
M「レディオ界の人間が…(以下上に同)」
M「壊そうとしてんじゃないの蓄音機。」 いや、蓄音機ではない様な…
M「バックバンドも細いヤツだよね。」
M「この人プレスリーが入ってるね。」 同じ、エルビスだしね
A「プレスリーと思わないと思う。」
ビデオの最後、手にしたスピーカーを投げた

M「誰か受け取ったな。」
3本目、フレディとドリーマーズ 「好きなんだ」。

M「63年”心のキズ”がヒット。65年から子供番組に出演。結婚は3回。(中略)2003年死去。」
この番組でも以前取り上げられたことがあると、「君は僕の君/フレディとドリーマー」が流れる

あっ、見たことあるわ 思い出した
M「俺見たかわからない。」 なんで~?!
A「このときパントマイマーだよ。」 前から思ってたけど安齋さんの方が記憶力いい

ビデオスタート
白黒のバンド演奏シーンでなんか揺れながら歌ったり演奏したりしてるの図

M「この人おもしろい人だ。」
M「この曲知ってる人はこないだの戦争知ってる人だよ。」
M「ドンキーカルテットとかそういうことだよ。」 古いの知ってんじゃん
M「第2のビートルズって言われたのにね。」
ビデオではVO、マイクでヒゲを剃ったりワキを剃ったりしている

M「これは違う効果でしょ。」 お笑い効果?
M「♪僕の好きなミヨちゃんが~」
A「おもしろいバンド好きな人いるじゃん。」
M「第2のビートルズさがしてんのに。」 ずうとるびになっちゃったとか言ってたね
ビデオおわり
M「フレディ・ギャリティの息子。」

息子登場!「最初の妻との息子です。」とたどたどしい日本語でご挨拶
何と!本物?フレディの息子?そういえば似てるような??

2人、突然の展開にオロオロ。狼狽ぶりは半端なかった。

が、その後新アシスタントのIngo(インド・テヘラン出身)と判明。

何だよ~、信じちゃったじゃないかよ~

M「俺たち気ぃつかったじゃん。」

Ingoフレディの写真数枚(白黒)持ってきてる。
Ingo、赤坂と浅草のハーフって自己紹介。  イミ不明…
Ingo「ホントに大好き。」 もちろん、フレディのこと
M「じゃ、なんて名前だった。」
Ingoフレディ・ギャル。」 駄目じゃん

4本目、タートルズ 「ハッピー・トゥゲザー」。

M「あれ、メガネいないよ。」
M「集合写真では俺も外してた。」 隣の女子高生にモテようとしてたんだって
M「マーク・ヴォルマンはメガネの巨体が有名。」

ビデオスタート

M「日本語だと”悲しき…”だ。」
M「あの人出ないね。」 出た!
M「けんたさんと似てる。」 だ、だれ?
A「カーディガン着てくれるといい。」
M「あとの人普通だもんね。」
M「この人顔いいね。」
A「なんでレイ・ディビスを迎えて解散したんだろね。」
A「このビデオの熱量ってあるね。」
A「おなか出してるし。」 M「結構出てるねおなか。」 若いのに…
ビデオおわり

M「あの人と修学旅行行きたくなってきた。」 どういう感想?

タートルズマーク。2005年のフォト

M「やせたわ。」 A「ずいぶんオデコ広いね。」
M「津川(雅彦)さんか木彫りの人形だね。」

5本目、ディーヴォ 「ホウィップ・イット」。

M「イーノディーボは仲が悪かった。」
M「一番ベルトを振り回してる男がイーノ。」

ビデオスタート
へんてこなゴムキャップみたいな帽子をかぶって演奏するバンドの図

M「この人か。」 M「イーノが言った肛門とさげすんだかを見てくださいね。」
イーノが、ディーボと喧嘩し、「肛門!」とさけんだことについて
M「アナルストッパー的なものかな。」
M「好きだわ、これ。」
M「サティスファクションの次にいい。」
M「(観客に)当たらないように気をつかってんね。」
M「この人たち文化系なんだよ。」
M「その辺りがハード・ロック出る幕なかったもんね。」
M「お化け出る音楽だよね。」
ビデオおわり

再び、フレディーの息子役のIngo登場。
M「さぁ!5組揃いました。落ち着きのないメガネ男、最優秀作は。」

A「メガネをかけてる人は物を良く見えたい。」 ん?なんか誤解が
M「裸眼の人と同じ視力をだしたいだけ。」

A「もう一度見たいのはフレディだよ。フレディの息子さんが出たときの俺たちの狼狽ぶり。」

フレディとドリーマーズ「好きなんだ」を聴きながらお別れ。

今週のおさらい 落ち着きのないメガネ男

では、また~

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

りっちぃ

  • Author:りっちぃ
  • HR/HM音楽サイト「りっちぃの音楽ざんまい」(ライブレポメイン)を、ダイオウグソクムシペース(笑)で運営中

    ブログランキングに参加してます。
    クリックしていただけたらとっても嬉しいです♥


記事名を入れて探してね
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
このBLOGを英語で読む
English English得袋.com
どんな内容?カテゴリー
何書いたかな?最近の記事
コメント待ってま~す♪
トラバ待ってま~す♪
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

慟哭の館
QRコード
QR
月別アーカイブ
RSSフィード
お気に入り~☆リンク☆